ブログトップ

モテ★カチューシャ

droooop.exblog.jp

カテゴリ:芸術( 34 )

フランス人間国宝展

上野 東京国立博物館で開催されている
a0176514_15420920.jpg
a0176514_15380846.jpg
重要文化財の表慶館で

15人の匠による作品が華麗な美の世界を

これでもかっ!いうぐらい堪能できます。

一つ一つが生き物のようにスポットライトを浴びた天目茶碗から始まり

とてもワクワクしたのは傘、扇、織り布、エンボス加工。

他にアトリエ映像があって

見入ってしまいます。

ぜひ。
a0176514_15423347.jpg






[PR]
by uninofuji | 2017-09-19 21:16 | 芸術

すみだ北斎美術館『アート・デザイン部門』


昨年11月に東京墨田区にオープンした『すみだ北斎美術館

1月現在、企画展示なしの常設展のみ観覧しました。

a0176514_11190037.jpg
a0176514_11191709.jpg
錦絵も素晴らしいけれど

やはり北斎絵手本『北斎漫画』がとっても面白かった。


私だけでしょうか・・

北斎=思い出す映像があります。


それは
2015年の文化庁メディア芸術祭。

フランスのグランパレ・ナシォナル・ギャラリーの北斎展のために

製作されたショートムービー。

Voyage de Hokusai

横スクロールに合わせて

しりあがり寿さんが描く北斎が人生を踊りながら旅をする。

「Je・te・veux 」の音楽にのって

はまってしまって何回も見ていた事を思い出してしまうのです。







[PR]
by uninofuji | 2017-01-27 09:15 | 芸術

ビームス40周年

街で見つけるとつい覗いてしまうビームス。

ビームス40周年。

創業から現代までを集めた本

『TOKYO CULTUART by BEAMS
WHAT'S NEXT? TOKYO CULTURE STORY』

1976年から2016年まで。

東京のストリートを彩った、82のスタイル。

年代ごとに丁寧にスタイリング、表現された写真はとっても見応えがあって面白い。
a0176514_16174459.jpg










[PR]
by uninofuji | 2016-12-09 16:22 | 芸術

3331

11月6日まで開催されていた文化庁メディア芸術祭20周年企画展
歴代の受賞作品から変化をテーマに作品がピックアップされていました。
a0176514_17041006.jpg
a0176514_12140086.jpg
会場のひとつ3331アーツ千代田
もともと中学校だった建物を文化的活動の拠点として生まれ変わり
レンタルオフィスやフリースペース、カフェなどなど
心地よい空間でもあります。
a0176514_12132365.jpg
a0176514_12085644.jpg
いろいろとイベントもあるようなので
湯島散歩ついでにどうぞ










[PR]
by uninofuji | 2016-11-07 12:30 | 芸術

オートクチュール。

東京 有楽町 三菱一号館美術館
a0176514_945254.jpg

開催されている 
『 PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服』

8つの章で構成され

オートクチュールの発明 19世紀から始まります。
a0176514_961942.jpg

写真OKの第3章では
ジャン=ポール・ゴルチエのイヴニング・ドレス(青い鳥)

a0176514_9144080.jpg

スキャバレリのイヴニング・ケープ(爪)

なかでも特に印象的だったのは

イヴ・サンローランの黒のイヴニング・ドレス!

パリ生まれの写真家ジャンルー・シーフのモノクロ写真で有名な作品でもあり

写真集を持っている私としては本物を見れた事に感動!

そして

アレクサンダー・マックイーンによる

『ジヴァンシー』のパンツスーツ!

ロンドンの名門紳士服店が立ち並ぶストリート

サヴィル・ロウで培った彼の作品は

パンツスーツでありながら

滑らかで柔らかいラインを出していて

細かいパターンのなせる技だと思った。

生地の種類、変化、

刺繍、羽、皮など専門のアトリエがなす技を

はっきり見る事ができて本当によかった。

5/22(日)まで
[PR]
by uninofuji | 2016-04-28 10:18 | 芸術

ティム・バートンの世界。

a0176514_1456564.jpg

六本木ヒルズ 森アーツセンターギャラリーで開催中の

ティム・バートンの世界

東京の会期は来年1/4(日)まで。

『フランケンウィニー』『シザーハンズ』

『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』『チャリーと……』

『アリス……』などなどなど

思い起こせば沢山観ている事に気付く。

なかでも

映画『マーズ・アタック!』の

火星人フィギュアが展示されていてうれしくなった。

ティム・バートンの世界を堪能しました。
[PR]
by uninofuji | 2014-12-26 15:39 | 芸術

ビーズ展。

a0176514_1242775.jpg

maison des perlesのブログに紹介されていた『世界のビーズ展

開催期間が9/13までと知り、急いで文化学園服飾博物館へ。

世界各地のビーズが展示されていて

各国のビーズが持つ意味や影響、素材の変化を学びました。

代々受け継がれ
壊れたら糸を変え新しい物を足して使う。

装飾だけではない意味を感じました。

一番ときめいたのは

ヨーロッパの華やかすぎるビーズ刺繍のドレス。

ギリギリまで近寄ってじっくりと観察。

素晴らしい手仕事に心の中で拍手!

それにしても

冷房が効いているので身体が冷えました。

長袖にデニムパンツスタイルだったけど…。
[PR]
by uninofuji | 2014-09-05 14:20 | 芸術

祭り。

a0176514_13385792.jpg

富岡八幡宮三年に一度の例大祭 別名「水掛け祭」

隅田川を挟んだ一帯

地区の御神輿52基が、どどんと沿道に並びます。

朝7時30分から始まり休憩を入れて午後3時30分ぐらいまで。

水、水、水とにかく水が大量に使われます。

神輿が通る順路には

水が入ったバケツやベビーバスやバスタブやプールが置かれ
a0176514_13391959.jpg

消火栓から給水パイプで水を送込みトラックプールができあがり。

色々なデザインの法被を見て良かったのが統括。

紺地に背中に絞り染で鳩の法被を着たシブいおじさま。

腰からぶら下げた印伝の信玄袋がかっこ良かった。

着こなしって大事だね。
[PR]
by uninofuji | 2014-08-21 14:26 | 芸術

六本木アートナイト。

a0176514_11175843.jpg

19日(土)日没から20日(日)日の出までが

コアタイムとなるアートイベント。

六本木ヒルズアリーナで行われたオープニング。

古着のパッチワークで作られた巨大なスカートが

風を受けて大きくうねる。

歩いて、観て、体感して、と夜通し遊ぶ気満々だったけど

寒い。

夜になったら強風になって更に寒くなった。
a0176514_11444832.jpg

楽しかったけど

春コートじゃ耐えられなかった。
[PR]
by uninofuji | 2014-04-21 12:02 | 芸術

日本画。

a0176514_93543.jpg

上野 東京都美術館『世紀の日本画展』
様々な日本の美を再発見する日本美術の祭典。

クリーランド美術館展、人間国宝展、世紀の日本画展と

3つの特別展で日本美術を堪能出来る企画。
 
日本画展だけ観ることができました。

素晴らしかった。

ただひたすら目を凝らしてじっくり観た。

日本画って凄い!

それに本物を観れた感動もありました。

集中していたせいか美術館を出るころには

疲れとお腹が空き過ぎてふらふら。

春の陽気にさそわれてお花見にと

言いたいのをぐっとこらえてアメ横へ。

日本画展は4/1まで!(巡回するかは分かりませんが)
[PR]
by uninofuji | 2014-03-31 12:13 | 芸術